【何のために働くのか】人間が働く意味とは何なのかを解説。

Pocket

  • 「どうしてこんなに働いているんだろう」
  • 「なんで仕事しないといけないのか」
  • 「そもそも働く意味ってなんだろう」

みなさんは、こうした悩みを抱いたことはありませんか?

人は生きてく中で、さまざまことについて悩みます。

その中でも、おそらく誰もが悩んだことがあるのが「働く意味」についてでしょう。

精神的に疲れてしまったとき、心に余裕がないときは「自分は何のために働いているのか?」と考えてしまうことがありますよね。僕もその一人です。

竜崎
私たちは社会人として過ごす時間の大部分を仕事に費やしています。

そうした中で、仕事に対してやりがいを感じていなかったり、働いている意味がわからなくなってしまうと、仕事に嫌気が差して人生そのものが不幸にもなりかねません。

そこで今回の記事では、人は何のために働くのか?働く意味とは何なのか?仕事とやりがいの関係性などについて個人的な意見をまとめていきます。

今回の記事でわかること
  • 人間が働く意味。
  • 働く意味とやりがいの関係。
  • 仕事からやりがいを感じる方法。

はじめに言っておきますが、この記事に書いていることはあくまでも僕の仕事観であるため、それがほかの人にとって正解となるわけではありません。

竜崎
「へぇ~、こういう考え方もあるんだなぁ」と寛大な気持ちで読むと楽しめると思います^^

 

働く意味とは

まず第一として、働く意味についてはすべての人が納得できる絶対的に正しい答えがあるわけではありません。

そのため、考えても考えても答えが出ないこともあります。

ですが、少しでも豊かな人生を送りたいと思っているのであれば、働く意味について考えるのはとても大切なことです。

個人的に、人間が働く意味は次の3つだと思っています。

働く意味
  • 生きるため。
  • 食べるため。
  • お金を稼ぐため。
竜崎
詳しく解説していきます^^

 

働くのは生きるため

結論から述べると、「働く意味」について何年も悩んだ僕がたどり着いた答えは、人が働くのは「お金のためであり、生きるためであり、食べるため」という根も葉もない答えです(笑)

世の中の成功者やお金持ち、書店の棚に綺麗に並べられているビジネス本や自己啓発本の中には、「お金のために仕事をしているわけじゃない」という言葉が書かれているのをよく目にしますよね。

ですが、この甘い言葉に騙されてはいけません(笑)

人間が働くのはお金を稼ぐためであり、生きるためであり、食べるため。これが仕事の真理であり、人生の道理です。

竜崎
働く意味について悩む人の多くは、何かしらの高尚な意味を求めがちですが、現実にそんなものは存在しません^^;

あるのは、「お金のために働く」「生きるために働く」「食べるために働く」という、厳然たる事実です。

もちろん、人によっては違う答えを持って働いている人もいるでしょうし、素晴らしい仕事観を持って働いている人もいます。

しかし、そうした人たちも「何のために働いてお金を稼いでいるか?」と問われれば、衣食住のために働いてお金を稼いでいると認めざるを得ないでしょう。

 

生きるためにはお金が必要

現代では、「お金のためではなく、やりたいことをやっているだけです」とドヤ顔で述べるインフルエンサーやビジネスマンをSNS上で多く見かけますよね。

ですが何をやるにしても、やりたいことをやるには必ず「お金」が必要になってきます。

そして、やりたいことをやるには、まずは生きなくてはならないし、生きるためには食べなくてはなりません。

つまり、やりたいことが何なのかはともかく、やりたいことをやるには「生きるため」「食べるため」にお金が必要になり、そして、お金を稼ぐためには働かなくてはならないのが現代社会です。

お金がないと
  • 衣食住が確保できない。
  • やりたいことができない。

このことを前提にして考えると、「働く意味=お金のため」という構図は納得できるでしょう。

映画にもなった「闇金ウシジマくん」というマンガの中には、主人公のウシジマくんが「金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ」と言っているシーンがあります。

竜崎
これはまさに、働く意味の真理を捉えている言葉だと言えますね^^

 

すべてに必要なお金を稼ぐために働く

近年、ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)の需要が世界中で高まっています。

ですが、日本では現在「円」以上に価値のあるものは存在しません(普及率と信用性の面では「円」以上に価値のあるものはないという意味)。

竜崎
日本で何かモノを買ったり、住宅に住んだり、税金を払ったりするためには「円」というお金が必要になり、これは日本国に住んでいる限りは誰もが従わなければならないルールです。

近所の川で拾った石を、どれだけ熱心にその価値を伝え、その石で食べ物を買おうとしても、国家が「価値のあるもの」と定めていない以上、その石に価値があったとしてもそれと引き換えにモノを買うことはできません。

何かをするためには必ずお金が必要であり、人は「全てに必要なお金を稼ぐために、人は働いている」のです。

しかし、だからといってお金を稼ぐために何もかもを犠牲にしろと言っているわけではありません。お金に捉われてしまうのはよくないことです。

「お金こそがすべて」「お金さえあれば何でもできる」といった思考回路になってしまうと、お金がなければ何もできない」「お金がないと幸せになれない」という壮大な勘違いを起こしてしまいます。

竜崎
考えなくてはならないのは、自分に必要なお金の量です。

 

お金に捉われて働いてはいけない

よく言われるように、幸せを感じるハードルは上げるよりも下げるほうが圧倒的に難しくなっています。

しかし、自分なりの幸福のハードルを持ち、ハードルを周りよりも低く保っていればお金はそこまで必要ありません。

竜崎
それが結果として、働き方の選択肢の多様化をもたらします。

日々の何気ないことに幸せを感じることができれば、高級料理も高級ブランド品も広いリビングも必要ありません。

幸福のハードルさえ低ければ、自分にとって最低限必要なお金を稼ぐだけですむので、精神的に追い込まれるブラック企業や、やりたくもない仕事を毎日8時間やる必要性もなくなります。

幸せのハードルが低いと
  • 何気ないことに幸せを感じられるので、お金で幸せを買う必要がない。
  • 必要以上のお金を稼ぐ必要がないので、働く時間を短くできる。
  • 働く時間を短くできるということは、仕事の選択肢の幅が広がる。

働く意味について悩む人の多くは、仕事への不満と身体的なストレスが大きな原因となっている人が多いです。

それならまず、「自分にとって害のある時間を減らすにはどうすればいいか?」を考え、自分の価値観や幸福感について考えてみましょう。

お金に捉われて働くことは、自分を見失うことにもなりかねません。

何のために働いているのかわからない人は、お金は自分の価値観の中でどの位置にあるのか?自分が求める幸せには「お金」は本当に必要なのか?と一度自問してみるのがいいでしょう。

 

働く意味がわからないのは仕事にやりがいがないから

ここまで解説してきたとおり、働く意味は「食べる」「生きる」「お金」の3つが基本となっています。

ですが、そもそもなぜ人は働く意味に悩むのでしょうか?

結論から言うと、それは仕事にやりがいを感じていないからです。

竜崎
そこでここからは、働く意味に重要な仕事のやりがいについて解説していきます^^

 

やりがいは探すから見つからない

働く意味について悩む人は、「今よりやりがいのある仕事がしたい」「人の役に立っている仕事がしたい」と思っている人が多いです。

毎日毎日同じ仕事の繰り返し、意味があるのかわからない作業、ただ1日早く時間が過ぎるのを待つ。そんな毎日に嫌気が差している人も少なくないでしょう。

竜崎
友達や知り合いと話をしていても、今の仕事に対して「飽きた」「つまらない」と言っている人も多く、仕事に対して嫌悪なイメージを持っている人もたくさんいます。

ですが、そもそも「やりがい」というのは仕事そのものにあるわけではなく、自分で作り出していくものです。

やりがいは探すからこそ見つからないのです。「探す」のではなく「生み出すもの」としてやりがいを考えれば、明日からでも今の仕事にやりがいを感じることはできます。

 

やりがいは自分の心で作り出すもの

たとえば、接客業や販売業・介護職という職種は、一般的には「やりがいのある仕事」「人の役に立っていると実感できる仕事」と思われていますよね。

お客さんやおじいちゃん、おばあちゃんからの「ありがとう」という言葉で「自分は役に立っている」と感じ、その仕事に対してやりがいを感じる。

そうした、人と直に接する仕事はやりがいのある仕事と言われることが多いです。

竜崎
ですが、そうした職種も仕事そのものにやりがいがあるわけではなく、みんな自分の心でやりがいを作っています。

たとえば毎日のように、

  • 「めんどくさい」
  • 「だるい」
  • 「やりたくない」
  • 「早く帰りたい」
  • 「休みたい」
  • 「眠い」

と思っていれば、お客さんに「ありがとう」と言われてもやりがいは感じられないですし、どんな職種の仕事をしていても変わりません。

やりがいとは決して「この仕事をすればやりがいを感じられる」「介護職ならやりがいがある」というものではなく、自分が仕事に対して思う気持ちによって感じるものなのです。

 

主体的に取り組む=やりがいが生まれる

「あの人の仕事はやりがいがありそうだな」と思うのはすべて幻想です。

実際には、その人が自分でやりがいを作り出している姿を、それを見ている自分が「あの人はやりがいのある仕事をしている」ように見ているだけです。

竜崎
つまり、今自分がやっている仕事にやりがいを感じていないのは、それは仕事に問題があるのではなく、自分の仕事に対する考え方に問題があるといえます。

そして、その考え方のままほかの仕事や職種に転職しても、やっぱり仕事にやりがいを感じることはないでしょう。

これは働く意味について悩む人も同じです。今の環境で働く意味に悩んでいる人は、転職して環境を変えても働く意味に悩むことになります。

では、どうすればやりがいを心で生み出せられるのか?

それは、仕事に対して「主体的に取り組む」。これだけです。

働く意味がわからなくなったり、仕事にやりがいを感じられない原因の多くは、仕事を「やらされている状態」だからです。

それを主体的に取り組む「自分からやっている状態」に変えれば、やりがいや働く意味は自然と自分の前に現れます。

竜崎
これは綺麗事ではなく、僕が実際に経験してきたことです。

 

仕事は主体的に取り組んで仕事になる

人は誰かに命令されたり、何かをやらされたりするのが嫌いな生き物です。

どんな人でも自分を中心に物事を考え、自分の思い通りに生きていきたいと思っています。

竜崎
ですが、現実は「会社に雇われてお金のために仕方なく働く」「やりたくないけど上司にやれと言われたからやる」というように、ほとんどの人は他人や会社にやらされながら仕事をしているでしょう。

人はやらされている状態では、仕事にやりがいを感じることはできません。

自分から主体的に取り組み、仕事を自らやっている状態でなければやりがいは感じられず、いつか必ず働く意味について悩んでしまいます。

では、主体的に取り組むとはどういうことなのか?

それは、「どうすればうまくいくか」「もっとはやく仕事を終わらせるにはどうすればいいか」と、自分の頭で考え、工夫しながら目の前の仕事に取り組むことです。

主体的と受動的
  • 主体的に取り組んでいる状態⇒自分の頭で考え、工夫しながら仕事に取り組んでいる状態。
  • 受動的に取り組んでいる状態⇒上司や他人に言われながら、言われたことだけやる状態。

主体的に仕事ができれば、たとえコンビニの店員でも、清掃員でも、パチンコの接客作業でもやりがいを生み出すことができます。

与えられた仕事を惰性でこなすのではなく、「仕事をうまくやるにはどうすればいいか」を常に自分の頭で考え、工夫し、実行すること。

「あいつは仕事が遅い」「やりたくない」「帰りたい」という余計なことは一切考えず、ただ目の前の仕事にだけ集中して取り組む。

竜崎
仕事はやらされている状態ではただの「作業」に過ぎず、主体的に取り組んではじめて「仕事」になるのです。

 

仕事に取り組む姿勢が大事

ここまで解説してきたとおり、仕事でのやりがいはただやっているだけでは感じられません。

どんな仕事でも、自分で考えて工夫することではじめてやりがいを実感できるのです。

竜崎
そして、仕事にやりがいを感じることができれば、多くの人たちが悩む「働く意味」も解決できます。

コンビニの店員でも、お客さんが来て接客するだけでは仕事ではなくただの作業です。

そうではなく、お客さんがいないときにはお店の商品を並び替えて棚を見やすくしたり、ちょっと商品をずらして買ってくれるか試してみる。

あるいは、袋やストロー、箸などを取りだしやすい場所に用意しておくなど、主体的に作業に取り組むようにする。

そうした工夫をすれば、作業をやりがいを感じる仕事に変えることができます。

つまり、すべては自分次第です。

仕事と作業の違い
  • 仕事⇒自分の頭で考え、工夫し、主体的に取り組んでいる状態。
  • 作業⇒惰性でやるべきことをただやっている状態。

一つの仕事にやりがいを生み出す考え方がわかれば、ほかのどんな職種の仕事に変わってもやりがいは生み出せるようになります。

そうすれば、働く意味について自分なりの答えを持つことができ、いつの間にか働くことや仕事を楽しいと感じるようにもなっていくはずです。

やりがいを感じられると、どんな仕事をしていたとしても働く意味について悩むこともなくなります。

竜崎
大事なのは「どんな仕事をしているか」ではなく「どんな姿勢で取り組んでいるか」です。

職種や年収、地位や権力といったもので仕事のやりがいを競うことには何の意味もありません。

目を向けるべきは、仕事に取り組む自分の姿勢です。

 

一番好きな作業を仕事にする

働く意味や仕事のやりがいの多くは、主体的に取り組むことで見つけられます。

ですが、実はもっと簡単に見つける方法もあり、それは、自分の一番好きな作業を仕事にすることです。

竜崎
そのためにはまず、自分の一番好きな作業を知らなければなりませんが、これもいたって簡単に見つかります。

たとえば、普段自分が「楽しい」「好きだ」と感じることを思い出してみましょう。

ゲームをしているとき、スマホをいじっているとき、友達と遊んでいるとき、音楽を聞いているとき、映画を見ているときなどなど、自分がやっていて楽しいと思うことを思い出し、その楽しいと思うことを作業に置き換えます。

ゲームをしているときが楽しいと感じるのであれば、「ゲームをしているときの何に対して楽しさを感じているのか」を考えてみる。

頭を使ってクリアしているとき、コツコツレベルを上げているとき、ストーリーを楽しんでいるときなど、ゲームをやっていてどの作業に楽しさを感じているのかを論理的に考えるのです。

頭を使ってクリアしているときが楽しいと思うなら、自分が好きな作業は「考えること」だとわかりますし、コツコツレベルを上げているときが楽しいのなら、「コツコツ作業」や「ルーティンワーク」が向いているといえるでしょう。

どんな作業が好きかを論理的に考える
  • ゲームのレベル上げが楽しい⇒コツコツ作業、ルーティンワークが向いている。
  • 頭を使って考えるのが楽しい⇒プログラマーや企画を考えるなど、論理的に考える仕事が向いている。
  • 人と接するのが楽しい⇒接客業や営業職が向いている。

自分が一番好きな作業は、普段自分が楽しいと感じることを作業に置き換え、「どこに楽しさを感じているのか」を考えればわかります。

そしてその好きな作業に似た仕事を選んでみる。

そうすればやっている仕事は一番好きな作業なので、興味のない仕事をしているときよりもやりがいを感じやすくなります。

竜崎
その結果、「好き」という気持ちが働く意味にもつながっていくでしょう。

 

働く意味がわからないなら転職するのも1つの手

どうしても今の仕事をしていて働く意味に悩むのであれば、転職エージェントを利用して転職してみるのも1つの手です。

転職エージェントは、エージェント(代理人)が求職者(自分)と企業の間に入り転職をサポートするサービスとなっています。

竜崎
簡単に言えば、プロのアドバイザーが、自分に合った求人を紹介してくれるサービスのことです。

転職エージェントを利用すると、自分の強みや弱み、向いてる仕事や向いてない仕事、年収や仕事内容などを担当者と話し合うことになります。

実際、働く意味に悩む人は、自分のことをわかっていない人が多いです。

  • 自分は何が好きなのか。
  • どういう働き方がしたいのか。
  • どのぐらい給料が欲しいのか。
  • どういう作業はしたくないのか。

こうした部分がハッキリしていないと、仕事をしていても働く意味に悩むことが多いです。

ですが、転職のプロである第三者と話し合うことで自分のことがより鮮明にわかり、働く意味を感じられる仕事もわかってきます。

自分の強みや弱みを理解すれば、どんな仕事が自分に合っているかがわかるので、それが働く意味にもつながっていくでしょう。

転職エージェントはたくさんありますが、その中でも特におすすめなのは「マイナビエージェント」になります。

マイナビエージェントは、20代~30代の転職に強いのが特徴です。

ほかの転職エージェントと比べてサポートが手厚く、どんな相談にも親身になって話を聞いてくれます。

竜崎
実際に僕の周りで利用して相談した人たちも、担当者と話し合うことで好きな仕事に巡り合えたと言っていました^^

働く意味がわからない人、仕事にやりがいを感じられていない人は一度転職エージェントに相談してみましょう^^

もちろん利用も無料なので、気になる人は下記から登録してみてください^^

■公式サイトはコチラ

 

【まとめ】働く意味は自分次第で見つけられるもの

今回の記事では、人は何のために働くのか?働く意味とは何なのか?仕事とやりがいの関係性などについて個人的な意見をまとめてきました。

今回の記事で解説してきたこと
  • 人間が働く意味。
  • 働く意味とやりがいの関係。
  • 今仕事からやりがいを感じる方法。

「人はなんのために働くのか?」という働く意味に対する個人的な答えは、「人は生きるために働いている」というものです。

そして、そもそも働く意味について悩むのは、今の仕事にやりがいを感じていないからです。

今の仕事にやりがいを感じられず、働く意味がわからないのであれば、この先どんな仕事をしてもただの作業になってしまいます。

竜崎
仕事は主体的に取り組むことではじめて仕事になるのです。

働く意味の本質が「お金と生きるためと食べるため」だったとしても、仕事からやりがいを感じるのは豊かな人生には欠かせません。

働く意味がわからない人は、まずは自分の楽しいと感じることの中から一番好きな作業を考え、それを元に仕事を選んでみるのをおすすめします。

仕事にやりがいを感じる第一歩
  • 仕事に主体的に取り組む。
  • 好きな作業を仕事に置き換えて仕事を選ぶ。

実際に僕も、「自分の頭で工夫して取り組む」「自分の一番好きな作業で仕事を選ぶ」の2つを実践し、自分なりの働く意味を見つけました。

この方法は万人に通用するものではないかもしれませんが、毎日「つまらない」「もっとやりがいのある仕事がしたい」と思っている人は、まずは目の前の仕事にやりがいを感じてみてはどうでしょう。

そうすれば、この先の人生において仕事で悩むことが格段に減り、働くことや仕事を通して充実感を感じることも増え、豊かな人生を送ることができます。

また、どうしても働く意味に悩んでしまうのであれば、思い切って転職するのも1つの手です。

転職エージェントを利用すれば、自分の強みと弱みを理解した上で自分にぴったりの仕事を転職のプロが紹介してくれます。

■公式サイトはコチラ

1人で悩むよりも第三者の意見を交えたほうが、好きな仕事や得意な仕事、やりがいのある仕事が見つかる可能性も高くなるでしょう。

そしてやりたい仕事を見つけたい人は、以下の記事も読んでみてください^^

【やりたい仕事の見つけ方】誰でもやりたい仕事がわかる方法を解説。

2022年1月13日

「仕事」と「労働」の違いに興味がある人には、以下の記事がおすすめです^^

仕事と労働の違いについて解説【労働ではなく仕事をしよう!】

2022年1月18日
仕事は人生にかけがえのないものだからこそ、働くことに意味を見つけて楽しく仕事をしていきましょう!

 

********

記事の感想や質問、その他相談したいことなどがあれば、TwitterのDMや質問箱、メールなどでいつでもご連絡ください。

********

【Twitter】

Follow @ddd__web

【note】

https://note.com/liberty0201

【お問い合わせ】

https://zinsei-hack.com/otoiawase

【質問箱】

https://peing.net/ja/ddd__web

【メール】

uw.liberty.d0618@gmail.com

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。