結果よりも過程が大事な理由を解説【結果は過程を積み重ねたもの】

Pocket

こんにちは、竜崎です!

みなさんは、以下のようなことを思ったことはありませんか?

  • 結果と過程はどっちが大事なんだろう。
  • 世の中は結果がすべてなんだろうか。
  • 過程なんてどうでもいいのだろうか。

実際、多くの人は「結果」ばかりを重視し、そこに至るまでの「過程」はあまり気にしません。

たとえばスポーツの試合にしても、どんなにいい試合をしても「勝たなければ意味がない」と言われます。

仕事にしても、どんなに頑張って努力しても「結果が出なければ意味がない」と言われます。

ですが、結論から言うと「結果よりも過程のほうが圧倒的に大事」です。

もちろん結果を出すことも大事なのは事実ですが、それは「どんなことでも結果がすべて」というわけではありません。

結果だけでは決して語れないものがあるのも事実であり、「人生」においては結果よりも過程のほうが間違いなく大事です。

どんなに長く生きたとしても、毎日惰性でつまらなく生きていれば意味がありません。

短い人生だろうと、毎日充実した1日を過ごしていれば満足できる。

つまり、「結果と過程のどちらが大事か?」というのは「死に方と生き方のどちらが大事か?」と同じ意味になります。

今回の記事では、結果よりも過程のほうが大事な理由から、結果よりも過程を大事にする3つの方法を解説していきます。

今回の記事でわかること
  • 結果よりも過程のほうが大事な理由。
  • 結果よりも過程を大事にする方法。

結果は過程の積み重ねの先にあるものです。

竜崎
結果と過程のどちらが大事か悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでください^^

 

はじめにも言ったように、多くの人は結果ばかりを重視し、そこに至る過程をあまり気にしません。

結果が伴わなければどれだけ努力しても意味がないと言い、特に会社や仕事においては「結果は何よりも大事なもの」だと思われています。

ですがさきほども言ったように、「人生」においては結果よりも過程のほうが間違いなく大事です。

もちろん場合によっては結果が優先されるケースもあるかもしれませんが、長い目で見ると結果よりも過程のほうが大事になってきます。

竜崎
どういうことか以下で詳しく見ていきましょう^^

 

結果は過程の集合体

結果よりも過程が大事な理由としては、まず第一に「結果は過程の集合体」であることが挙げられます。

どういうことかと言うと、結果というのは過程の積み重ねで成り立つものであり、過程なくして結果は生まれません。

竜崎
過程の質が悪ければ結果もダメになり、過程が良ければ自ずと結果も良くなります。

結果が出ない人は過程を大事にしていないことが多く、努力の方向性を間違えている人がほとんどです。

人によっては結果だけを重視して実際に結果を出している人もいるかもしれませんが、そうした人でも例外なく無意識のうちに過程を大事にしています。

ポイント

結果を出すためには「努力」という過程が大事であり、努力の方向性が間違っていれば結果は出ない。

たとえば、「目標」という結果は過程の集合体であると言えます。

努力という毎日の小さな過程がたくさんあり、その過程が合体して出来上がったものが「目標」、つまり結果です。

とすれば、もっとも大事なのは結果となっている過程の集合体であることがわかります。

過程がなければ結果は生まれず、結果がなければ夢や目標も叶わない。

結果は過程を積み重ねた先、下からボトムアップ的に作り上げられるものなのです。

 

目標達成には過程が何より大事

目標達成という結果を出すには、努力という過程を大事にしなければなりません。

東京から沖縄に行こうとしているのに、北海道行きの飛行機に乗って目的地にたどり着くことはできません。

結果である目標ばかりを見ている人は、過程をおろそかにして努力の方向性を間違いがちです。

過程をおろそかにする人の特徴
  • 努力の方向性を間違う。
  • 過程である経験から何も学ばない。
  • 運よく結果が出ても、なぜ結果が出たのかよくわからない。
竜崎
さきほども言ったように、過程がなければ結果は生まれず、結果がなければ夢や目標も叶いません。

そもそも人は目に見えるものばかり大事にし、目に見えないものをおろそかにするという特徴があります。

それはつまり、目に見える結果を重視し、目に見えない過程をおそろかにするということです。

人生には結果を出さなければならないときがあるのも事実ですが、結果が過程の集合体である以上、過程をおろそかにはできません。

そして次に述べるように、たとえ結果が出なかったとしても、過程で得てきたことは人生に役立つ経験となります。

 

結果が出なくても過程は経験となる

多くの人は結果が出ないとガッカリしますが、努力という過程を通じてたくさんのものを得ているはずです。

それらのものはいつか必ず人生の役に立ち、多くの学びを与えてくれます。

過程を大事にしない人は「結果が出なければすべて無意味」だと考え、努力という過程の時間も無意味なものにしています。

竜崎
過程を大事にするのは結果を出すためだけでなく、過程で得てきたことが人生を豊かにしてくれるからです。

つまり、無意味な努力は何ひとつないということですね^^

これについては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

努力が報われないときに考えるべき4つのこと【無駄な努力はない】

2022年1月17日

もちろん、「自分は結果にこだわって生きるんだ!」「結果がすべてなんだ!」と思いながら生きるのも本人の自由です。

ですが「人生」という長い目で見たとき、さまざまな過程を大事にしたほうが豊かな人生が送れるのは間違いありません。

ある意味、人生も1日1日という過程の積み重ねです。

死が人生の結果であると考えれば、過程である1日1日を大切に生きるのが大事なのは言うまでもないでしょう。

人生を本当の意味で豊かにしてくれるのは、あなた自身の経験であり、努力の過程であり、他人との思い出なのです^^

 

結果よりも過程を大事にする3つの方法

ここまで、結果よりも過程のほうが大事な理由を解説してきました。

結果は過程の集合体であるため、過程を大事にしなければ結果は出ません。

さらに「人生」という長い目で見たとき、「死」が結果だとすれば死ぬまでの1日1日という過程が何より大事なことに気づくはずです。

死ぬときに億万長者になっていたとしても、家族や友達との思い出がなければ幸せとは言えないでしょう^^

そこでここからは、結果よりも過程を大事にする3つの方法を解説していきます。

結果よりも過程を大事にする方法
  • 楽しみながら積み重ねる。
  • 結果ばかりにこだわらない。
  • 本当の目的を忘れない。
竜崎
それぞれ詳しく解説していきます^^

 

楽しみながら積み重ねる

結果よりも過程を大事にしようと思ったら、まずは楽しみながら積み重ねる必要があります。

実際、結果を出すためにも楽しみながら努力するのは大切なことであり、過程を楽しんでいればそこから得られる学びも大きいです。

竜崎
「努力している人は、努力を努力と思っていない」という言葉どおりですね^^

継続的に努力できる人は、結果ではなく努力する過程に目を向けています。

そして努力を努力と思わずに過程を楽しむことを第一に考えているからこそ、過程が人生の学びになっていくのです。

もちろん、結果を出すためには楽しむだけでなくしっかりと正しい努力を積み重ねることも大切です。

ポイント

正しい努力には学びがたくさんあり、学びがあるからこそ努力(過程)を大事にできる。

1日1日を一生懸命生き、死ぬまでの人生の過程を楽しみながら生きる。

何か努力をしているのなら、その努力の過程を楽しむ。

人は楽しみながらやっているときが、もっとも継続力が高く、挫折もしにくく、多くの学びが得られます。

過程を大事にしたいのなら、まずは目の前のこと1つ1つを意識的に楽しむようにしてみましょう^^

 

結果ばかりにこだわらない

結果より過程を大事にするためには、結果だけのこだわらないことも大事です。

努力にしろ何にしろ、多くの人は自分がやっていることに結果が出ないとすぐ投げ出してしまいます。

竜崎
ですが、それでは過程を大事にすることはできません。

過程は過程そのものに意味があるので、途中でやめてしまえば本当に意味がなくなってしまいます。

では、どうすれば結果ばかりにこだわらないようになれるのでしょうか?

そのためには「結果」を因数分解し、結果を出すために必要な「過程」を書き出すのがおすすめです。

たとえば、プロ野球選手である大谷翔平の目標達成シートがわかりやすいですね。

画像1

この目標達成シートでは、真ん中に達成したい結果を置き、それぞれ8つの方向に結果を出すために必要な過程を書き込んでいきます。

そしてその過程1つ1つもまた結果として真ん中に置き、その結果を出すために必要な過程を書き出していく。

こうすることで自分が目指している結果がハッキリし、自分がやるべき過程もわかりやすくなります。

結果と過程がハッキリすることで「自分は今何を大事にするべきか」がわかり、過程の1つ1つを大事にできるのです。

お金持ちの多くは、「お金持ちになろう」と思ってお金持ちになってるわけではありません。

どちらかというと「やりたいことをやってたらお金持ちになっていた」という人が多いです。

つまり、結果(お金持ち)にこだわっていたわけではなく、過程(やりたいことをやる)を大事にしていたのです。

スポーツ選手にしてもその他の職業にしても、「やっていて楽しかったから「過程を楽しんでいたら結果が出ていた」という人はたくさんいます。

竜崎
過程を大事にするには、まず自分にはどんな過程が必要なのかをハッキリさせてみましょう^^

 

本当の目的を忘れない

結果よりも過程を大事にする最後のポイントは、本当の目的を忘れないことです。

これはつまり、

  • 自分はどんな目的に向かって生きているのか。
  • そのためにどんなことが必要なのか。

これらを常に忘れないように頭に入れておくということです。

過程というのは人それぞれ求めている結果が違うので、必要な過程も1人1人違います。

ですが、人は誰しも「死」という結果に向かって生きているのは間違いありません。

そして「死」が結果であるなら、毎日の生き方を「過程」と捉えることができます。

自分は死という結果に向かって生きていると思えば、今よりもほんの少し1日1日を大事にしようと思いませんか?

これこそ結果よりも過程を大事にしている状態です。

もちろん人によっては、「死ぬことなんて考えたくない」「そんなの綺麗ごとだ」と言う人もいるでしょう。

ですが、人が死に向かって生きているのは事実であり、誰しもみんな同じ結果に行き着くのも事実です。

多くの人は「死」をどこか遠くにあるものだと思っていますが、本当に過程を大事にしようと思ったら「死」と向き合わなければなりません。

夢や目標、結果ばかりに捉われている人は、一度肩の力を抜いて思い出してみましょう。

  • そもそも、夢や目標を叶えたいのはなぜか?
  • 結果を出したいのはなぜか?

それらは豊かな人生、幸せな人生を生きるためではないでしょうか?

それなら人生の充実に必要な過程である「生き方」を楽しむのが、何よりも大事なはずです。

「人生は楽しんだもの勝ち」とよく言いますが、それは目先の快楽に溺れて生きようという意味ではありません。

結果という先のことばかり考えず、過程である今を最大限に楽しんで生きようという意味です。

竜崎
過程を大事にしたい人は、人生の本当の目的を忘れずに頭に入れておきましょう^^

 

【まとめ】結果よりも過程を大事にして、豊かな人生を生きよう

今回の記事では、結果よりも過程のほうが大事な理由から、結果よりも過程を大事にする3つの方法を解説してきました。

今回の記事でわかったこと
  • 結果は過程の集合体であり、目標達成には不可欠。
  • たとえ結果が出なくても、経験という過程は人生の役に立つ。
  • 結果よりも過程を大事にする方法。

結果というのは過程の集合体で成り立っており、結果を出すためには過程を大事にするのは不可欠です。

逆説的ですが、結果ばかりにこだわって過程をおろそかにしている人ほど、結果を出すことはできません。

仮に過程を大事にして結果が出なかったとしても、その大事にした過程は必ず人生の役に立ちます。

人生には何ひとつ無駄な努力は存在せず、すべての過程から何かしらの学びがあるのです。

そして結果よりも過程を大事にする方法は、具体的には以下の3つがあります。

結果よりも過程を大事にする方法
  • 楽しみながら積み重ねる。
  • 結果ばかりにこだわらない。
  • 本当の目的を忘れない。

「才能は努力する人には勝てない、努力は楽しむ人には勝てない」という言葉がありますが、結果ばかりにこだわる人も過程を楽しむ人には勝てません。

「死」をすべての人が行き着く結果だとすれば、毎日の生き方である「過程」を楽しんでいる人が一番幸せなのは言うまでもありません。

結果よりも過程を大事にするというのは、言い換えれば「死」よりも「生き方」を大事にするという意味です。

毎日を楽しみながら生きている人は、それだけで過程を大事にして生きている人です。

そうした生き方は努力するときや目標を達成したいとき、仕事で結果を出したいときや成功したいときに必ず活きてきます。

竜崎
結果と過程のどちらが大事かは、人生という視点から考えれば一目瞭然です^^

結果が大事なときもあるとは思いますが、過程を楽しむ人にこそ結果が出ることを覚えておきましょう^^

 

********

記事の感想や質問、その他相談したいことなどがあれば、TwitterのDMや質問箱、メールなどでいつでもご連絡ください。

********

【Twitter】

Follow @ddd__web

【note】

https://note.com/liberty0201

【お問い合わせ】

https://zinsei-hack.com/otoiawase

【質問箱】

https://peing.net/ja/ddd__web

【メール】

uw.liberty.d0618@gmail.com

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。