豊かな人生とはどんな人生なのか?【お金がなくても豊かに生きれる】

Pocket

こんにちは、竜崎です!

みなさんは、以下のようなことを思ったことはありませんか?

  • 豊かな人生とはどんな人生なのか。
  • お金がなくても豊かな人生になるのか。
  • 豊かな人生を送るにはどうすればいいのか。

人生が一度きりであることは、言われずとも誰もが理解しているでしょう。

竜崎
一度きりしかない人生だからこそ、少しでも楽しく充実した豊かな人生を送りたいと思っている人も多いはずです。

しかし、豊かな人生とはどんな人生なのかがわからない人もたくさんいます。

実際、「豊か」と聞くと「お金をたくさん持っている」「自由に生きている」状態だと思いがちです。

たしかにお金は人生の選択肢を増やすために大事なものですが、だからといって「お金がないと豊かな人生を生きられない」ということではありません。

豊かな人生とは心の余裕を持ち、自分の大切なものを大切にしている人生のことを指します。

たとえお金だけあっても、毎日仕事に追われて時間も余裕もない状態だと豊かな人生とは言えないでしょう。

また、自分の好きなことや大切なものをないがしろにする人生も、豊かな人生とは言えません。

「豊かな人生」は主観的なものなので絶対的に正しい答えはありませんが、「心の余裕」と「大切なもの」が大きなキーワードになっているのは間違いないでしょう。

そこで今回の記事では、豊かな人生はどんな人生なのかを深堀りしていき、後半では豊かな人生を送る3つの方法を解説していきます。

今回の記事の内容
  • 豊かな人生とはどんな人生か。
  • 豊かな人生を送る3つの方法。

自分にとっての「豊かな人生」がわかれば、今よりも確実に幸せを感じられるでしょう。

大事なのは自分にとっての「豊かな人生」を見つけることであり、そのためにはしっかりと「豊かな人生」の定義を決める必要があります。

竜崎
豊かな人生とはどんな人生か知りたい人、豊かな人生を送りたい人はぜひ最後まで読んでみてください^^

 

豊かな人生とはどんな人生?

はじめに言ったように、豊かな人生には「心の余裕」と「大切なもの」の2つが必要です。

もちろんお金もあったほうが生き方の選択肢が増えるので、人によっては豊かさにつながるかもしれません。

ですが、本当に豊かな人生とはお金を持っているかどうかではなく、内面的に豊かな状態こそ豊かに生きている人生です。

竜崎
ここからはまず、豊かな人生とはどんな人生なのかを詳しく見ていきましょう^^

 

大切なものを大切にしている人生

近年の心理学の研究では、人の幸せとお金には相関関係があまり見られないという研究結果があります。

具体的には、人は年収800万円を超えるとそれ以上にお金を稼いでも幸福度には大して影響を与えないというものです。

竜崎
もちろん人によって誤差はあると思いますが、この研究結果からも「お金だけで幸せな人生になるわけではない」ことがわかります。

人の幸せがお金の量で決まらないのだとすれば、豊かな人生もお金では決まらないことがわかるでしょう。

いくらお金がたくさんあったとしても、自分自身が豊かさや幸せを感じていないのであれば、お金は単なる物々交換の手段に過ぎません。

お金持ちが豊かな人生を送れるとは限らないように、「お金」と「豊かな人生」はまったくの別物です。

では、豊かな人生とは一体どんな人生なのか?

豊かさを感じるには、どうすればいいのか?

それは自分が大切に感じるものを大切にし、心が満たされている状態こそ豊かな人生となります。

竜崎
たとえば家族や友達、仕事や恋愛、趣味や娯楽など、自分の好きなものや大切なものに囲まれた生活のことですね^^

仕事が好きな人にとっては、仕事に没頭する人生が豊かな人生になるかもしれません。

楽器などの趣味に生きるのが豊かな人生になる人もいますし、家族や友達との時間こそ子悪露が満たされる豊かな時間かもしれません。

ポイント

何が自分にとって大切かは1人ひとり異なりますが、人間にとって「大切なものを大切にしているとき」が一番豊かさを感じられる瞬間です。

そのため豊かな人生を考えるときにはま、まず自分にとっての「大切なもの」を考える必要があります。

そしてもうひとつ、「心の余裕」がなければ大切なものがあっても豊かな人生は生きられません。

 

豊かな人生には心の余裕が必要

豊かな人生には「心に余裕があること」が欠かせません。

心に余裕がないと日常的な小さな幸せにも気づけませんし、感受性や感謝の気持ちもなくなってしまいます。

竜崎
それが豊かな人生かどうかは想像しなくてもわかりますよね^^;

ですが、心の余裕を持つために仕事を辞めたりする必要はありません。

実際、多くの人は仕事をしているから不自由」「結婚しているから不自由」「お金がないから不自由」と考えています。

でもそれは、心の余裕を状況や環境によって決まるものだと思い込んでいる状態です。

ポイント

心の余裕は、自分の状況や環境によって決まるものではない。

忙しく働いているときでも、友達と遊んでいるときでも、恋人とデートをしているときでも、心の余裕は自分次第で感じられます。

つまり心に余裕がある状態とは、外的な出来事によって心が制約されたり支配されない状態のことです

豊かさと余裕は、コインの表と裏のような関係だと言えるでしょう。

豊かさを感じるには余裕が必要であり、余裕があるからこそ豊かさを感じられるのです。

そして心の余裕が環境によって決まるものだと考えることこそが、心に余裕がなくなる原因でもあります

それではいつまで経っても豊かな人生は送れません。

豊かな人生を送るには、心の余裕を持ちながら大切なものを大切にする必要があるのです。

竜崎
豊かさを感じられないという人は、まずは心に余裕を持つことからはじめてみましょう^^

 

豊かな人生を送る3つの方法

ここまで、豊かな人生には「心の余裕」と「大切なもの」が必要だということを解説してきました。

では、実際に豊かな人生を送るにはどうすればいいのでしょうか?

そこでここからはさきほどの内容を踏まえた上で、豊かな人生を送る3つの方法を紹介していきます。

豊かな人生を送る方法
  • 柔軟性を持つ。
  • 自分にとって大切なものを知る。
  • やりたいことを思う存分にやる。
竜崎
それでは詳しく解説してきます^^

 

柔軟性を持つ

豊かな人生を送る1つ目の方法は、柔軟性を持つことです。

竜崎
何度も言うように、豊かに生きるためには心に余裕がなければならず、メンタルが乱れていては豊かな生き方はできません。

豊かな人生には心の余裕が必要であり、心の余裕を持つためには柔軟性が必要になるということですね。

柔軟性は状況や環境が変わったときに、心を乱さずに受け入れるために必要なものです。

柔軟性がないと、何か思い通りにいかないことがあるとすぐに心が乱れ、ストレスが心を蝕んでいきます。

ストレスがある状態が、豊かな人生とはほど遠いのは言うまでもありません。

ポイント

日々の生活にストレスがあるかどうかは、豊かな人生を送れるかどうかに直結する。

もちろん、何ひとつストレスを感じずに生きることはできません。

仕事をしていれば嫌なことがあったり、人間関係がうまくいかなくてストレスを感じることもあるでしょう。

ですが、日常的なストレスをどう受け止めるかは自分次第でコントロールできます。

柔軟性を持つためには、以下の2つを心がけておくのが効果的です。

柔軟性を持つ方法
  • 何事にも期待しない。
  • 他人に対して寛容性を持つ。

「期待しない生き方」については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ読んでみてください^^

【期待しない生き方】人生にも他人にも自分にも期待しない生き方のススメ。

2021年12月12日
竜崎
柔軟性は心の余裕と豊かな人生には欠かせないものです^^

 

自分にとって大切なものを知る

豊かな人生を送る2つ目は、自分にとって大切なものを知ることです

さきほど言ったように、豊かな人生は「自分の大切なものを大切にしている状態」であり、大切なものがない人生は豊かな人生にはなり得ません。

竜崎
ですが、「大切なもの」は大袈裟なものでなくてもよく、あくまで「自分にとって大切」であればそれで十分です。

たとえば友達や恋人、家族といった「人間関係」、ゲームや映画、音楽やスポーツといった「趣味」、おもちゃや楽器といった「モノ」でも大切なものになります。

どんな人にも、自分にとっての大切なものは何か1つあるでしょう。

「そんなものないよ~」と思っている人も、本当は大切なものなのにそれを「当たり前」だと思い、「大切」だと認識できていないだけの話です。

自分にとって大切なものを知ることで、手にしているものに感謝することができ、その感謝の気持ちが豊かな人生につながっていきます。

では、どうすれば自分の大切なものに気づけるのか?

ガッカリするかもしれませんが、自分にとって大切なものを知るには、徹底的に自分と向き合うしか方法はありません。

自分の大切なものは他人に教えられるものでも、学校で教わるものでも、適当に生きていて見つかるものではないです。

きちんと自分自身の内面と向き合い、自分の人生観や価値観、幸福感などを通して何が自分にとって本当に大切か気づく必要があります。

竜崎
自分と向き合って大切なものを見つけられれば、それは今後の人生でそう簡単になくすことはないでしょう^^

自分にとっての大切なものは、豊かな人生の保証書のようなものでもあるのです。

 

やりたいことを思う存分にやる

豊かな人生を送る3つ目の方法は、やりたいことを思う存分にやるです。

これもありきたりな言葉に聞こえるかもしれませんが、やりたいことをやらない人生は決して豊かな人生とは言えません。

竜崎
実際、多くの人は自分がやりたいことをほとんどやっていません。
  • 「お金がない」
  • 「やりたいことをやる時間がない」
  • 「仕事で疲れていてそこまで気力がない」
  • 「そもそもやりたいことがない」

このように、やりたいことができないのには人それぞれ理由があるでしょう。

毎日仕事が忙しければやりたいことをやる時間の確保は難しく、やりたいことにお金がかかる場合は生活に余裕がなければできません。

そしてやりたいことがないのであれば、やりたいことができないのはあたり前です。

ですが、もし本気で豊かな人生を送りたいと思っているのであれば、やりたいことをやる時間をしっかりと確保する必要があります。

やりたいことをやらずして、人生に豊かさを感じることはできません。

たとえお金だけあっても、自分のやりたいことに時間とお金を使えなければ残るのは虚しさだけです。

「やりたいこと」も、さきほど述べた「柔軟性」「大切なもの」と同じく豊かな人生に必要不可欠なものなのです。

では、やりたいことができない人はどうすればいいのか。

やりたいことができない理由は人それぞれ違いますが、大体は以下のような方法で解決できます。

  • 時間の関係でできない人は、やりたいことができる時間を確保できる環境に身を置く。
  • お金の関係でできない人は、お金がかからずにやる方法を考えるか、お金を稼ぐか、お金を調達する方法を考える。
  • そもそもやりたいことがない人は、片っ端から興味のある対象に手を出してみる。

やりたいことを思う存分にやっている人生には、精神的な充足感が伴います。

竜崎
豊かな人生には内面的な幸福が必要であり、そのためには自分のやりたいことを思いっきりやるのが一番です^^

 

【まとめ】豊かな人生を送るために、自分い必要なものを知ろう

今回の記事では、豊かな人生はどんな人生なのかを深堀りしていき、豊かな人生を送る3つの方法を解説してきました。

今回の記事の内容
  • 豊かな人生とはどんな人生か。
  • 豊かな人生を送る3つの方法。

豊かな人生は決してお金の量だけで達成できるものではなく、内面的な幸福が必要不可欠です。

そして内面的な幸福を獲得するためには、「心の余裕」「大切なもの」の2つが必要になります。

心の余裕がなければ豊かさそのものを感じることができませんし、大切なものがないと生きている意味や人生の意味もわからなくなってしまうでしょう。

どんな状況や環境にいたとしても、心の余裕と大切なものを持っていれば人生に豊かさを感じることができます。

また、後半では豊かな人生を送る3つの方法についても解説してきました。

豊かな人生を送る方法
  • 柔軟性を持つ。
  • 自分にとって大切なものを知る。
  • やりたいことを思う存分にやる。

特に自分にとって大切なものがわからない人は多いので、まずは自分が手にしている幸せに気づくことからはじめてみましょう。

ゆっくりと自分と向き得うことで、今まで「当たり前」だと思っていたものが、実は「当たり前」ではないことに気づくはずです。

そうした気づきが感謝の気持ちを生み、豊かさを感じるためにも役立つでしょう。

ポイント
  • 豊かな人生はお金がなくて送れる。
  • 大事なのは、豊かな人生に必要なものを知ること。
竜崎
今回の記事で紹介してきた方法は、実際に僕自身も実践している方法です。

満たさない毎日を過ごしている人、人生が楽しくない人、豊かな人生を送りたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください^^

 

********

記事の感想や質問、その他相談したいことなどがあれば、TwitterのDMや質問箱、メールなどでいつでもご連絡ください。

********

【Twitter】

Follow @ddd__web

【note】

https://note.com/liberty0201

【お問い合わせ】

https://zinsei-hack.com/otoiawase

【質問箱】

https://peing.net/ja/ddd__web

【メール】

uw.liberty.d0618@gmail.com

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。